大阪市旭区の美容皮膚科、内科、小児科、アレルギー科
呼吸器内科、皮膚科、リハビリテーション科の政近診療所です。

〒535-0011 大阪市旭区今市1-11-11

06-6955-1267

メニュー

内科

 

内科

風邪(鼻づまり、鼻やのどの粘膜の乾燥、くしゃみ、鼻水、のどが痛む、せきが出る。などの症状)

風邪は、鼻からのどまでの上気道を中心とする部分に、ウイルスや細菌が感染して急激に起こる炎症です。
実際に風邪をひくと、気管や気管支などの下気道にも炎症が広がっていく場合も少なくありません。
原因になる病原体はたくさんありますが、その80~90%はウイルスで200種以上にのぼります。
疲労やストレス、睡眠不足、栄養バランスの偏り、寒さ、乾燥などの要因が重なると発症しやすくなることが知られています。

インフルエンザ

インフルエンザウイルスが病原で起こる疾患です。A型、B型、新型の3種類があります。
潜伏期は1~3日くらいで、患者が咳をしたりするとウイルスが空中を浮遊し、それを人が吸い込むことで感染します。
治療は症状出現後2日以内に開始します。
インフルエンザワクチンの予防接種である程度は防げますが、その年によって流行する菌の型が違うため必ず作用するわけではありません。
体の弱い人は、流行している時に人混みに出るのを控えた方がよいでしょう。

糖尿病

糖尿病は、食事で摂った糖をエネルギーに変えるときに必要なホルモンである、インスリンの異常から起こる病気です。
インスリンの産生や分泌が不足したり、インスリンが十分に働かなくなると、血液の中にブドウ糖が溜まり糖尿病の状態となります。
糖尿病を放置しておくと、網膜症、腎症、神経障害などの合併症が起こります。
食事療法や運動療法、薬物療法などをきちんと行い、血糖値をうまくコントロールして合併症を防ぐことが重要です。

脂質異常症(従来の高脂血症)

脂質異常症とは、血液中にコレステロールや中性脂肪などの脂質が異常に増加した状態をいいます。
長く続くと動脈硬化が生じ、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、 閉塞性動脈硬化症などの病気を起こします。

肺炎

肺炎とは、病原微生物や細菌が肺に感染し、炎症を起こす病気です。
発熱、倦怠感、咳、胸痛などの症状が出現します。
特に病気をもっていない健康な人が、普段の生活や町の中で発症する(市中肺炎と呼ばれる)こともあれば、病院内で何らかの病気をもった人に発症する場合(院内肺炎)もあります。
1.細菌性肺炎、2.ウイルス性肺炎、3.マイコプラズマ肺炎、などに分類されます。
それぞれに肺炎を引き起こす病原体が異なります。
細菌性肺炎の原因としてもっとも多い(20%~)のは、肺炎球菌です。
そのほかインフルエンザ菌、ブドウ球菌、緑膿菌、溶血性連鎖球菌などが原因となることもあります。
ウイルス性肺炎は、細菌よりも小さい病原体であるウイルスに感染して起こります。
麻疹ウイルス、水痘・帯状疱疹ウイルス、サイトメガロウイルスなどのウイルスが急速に増殖することによって起こる場合もあります。
マイコプラズマ肺炎は、市中肺炎としては肺炎球菌によるものより多くマイコプラズマという病原微生物に感染して起こります。
病原菌の種類によって有効な抗生物質を選びます。

腹部の肝胆膵腎等の超音波検査について

当院では腹部の肝胆膵腎等の検査を行っております。
胆石症、腎石症、肝腫瘍、腎腫瘍等について検査しております。

動脈硬化の超音波検査について

動脈硬化は心筋梗塞などの心臓疾患、脳梗塞などの脳血管疾患の原因となります。
首の動脈の頸動脈は、全身の血管の窓と言われております。
超音波検査による頸動脈内中膜肥厚を測定することによって、脳血管や心臓の冠動脈の動脈硬化の状態を類推することができます。
当院は痛みを伴わない超音波検査による頸動脈内中膜肥厚(IMT)の検査を行っております。
IMTとは…“Intima Media Thickness” の略で、頚動脈の内膜中膜複合体厚のことを意味しており、中でも頸動脈は粥状(じゅくじょう)動脈硬化の好発部位で、その内膜中膜複合体の厚さは動脈硬化の進行程度と比例します。

甲状腺の超音波検査について

当院では甲状腺の超音波検査を行っております。
甲状腺は様々な腫瘍のできる臓器です。
超音波検査で痛みなく甲状腺の状態、腫瘍の有無を検査できます。

その他当院で行っている診療などについて

予防接種(インフルエンザ、日本脳炎、麻しん(はしか)、風疹、麻疹・風疹混合ワクチン、ジフテリア・破傷風 二種混合ワクチン、子宮頚がんワクチン)、健康診断・検診などを行っております。
また、高血圧症・高脂血症・糖尿病・メタボリックシンドロームなどの生活習慣病の治療を行っています。